カテゴリ:回想( 1 )

七夕の別れ

今日出会いの7月7日大安のこの良き日に別れをしました。

クライアントから工事取りやめの勧告を請けました。

頭が真っ白になりました。

何が原因か解かりませんでした。

クライアントは60代の夫婦2人です。

道路拡張により余儀なく自宅の建て替えをすることになり、

設計することになりました。

親が、市が保障する範囲内で建て替をするのに設計打ち合わせに

娘が出てくるのです。

またこの娘がこれは無駄、これはだめ、これは贅沢とか言う。

何でかな?と私自身思いました。

私だったら、最後の家だから、自分に御褒美として・・・

金を出すでもなく、一緒に住むのでない娘が物事を言う。

結局娘は何を言いたかったのと言うと、

将来、私が面倒を見ないといけないんだから、

お金を残さないと面倒は見ないと、親に迫っていた。

私自身、えっ・・・。

親の面倒って、金がある、ないそんな問題じゃなく、無償の愛じゃないですか?

今までどれだけの愛を親から受けてきたんですか?

娘は自分の言いたいことばっかり・・・。

実は今日地鎮祭でした。

このよりよき日に親は夢に見た家をあきらめ、今後どんな家になるかわかりませんが、

建売みたいで、小さい家を作るのでしょうか。

ただ残念なのが、娘が親の後押しの気持ちがなかったことです。

果たしも父が脳梗塞で倒れ、看病中の身です。

親から受けた愛が、走馬灯のように駆け巡っている日々です。

面倒を見るのに、お金は関係ないと思いますけど・・・。

スタッフとして妻も同席していましたけど、

こんな子供は育てたくないよねと、心を一つにした1日でした。
by bakukobo | 2006-07-07 23:34 | 回想