<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

石畳のある家-7

e0017701_11422795.jpg




天気は曇り


コンクリート打設にはこの時期にしては最高!


丁寧に打設することが出来ました。



今後コンクリート温度が急上昇しないように

散水を行い温度管理行います。
[PR]
by bakukobo | 2008-07-25 11:46 | つれづれ

石畳のある家-6

e0017701_8135934.jpg



基礎配筋検査を行いました。


鉄筋は設計図書に基づいてきれいに配筋されていました。

また端部などの補強筋などもきちっと配筋され、

工事による葛・塵などもなく、清掃もされていました。

コンクリート打設の準備が出来ました。

締まったコンクリとが打てるようにしたいと思います。
[PR]
by bakukobo | 2008-07-21 08:20 | つれづれ

石畳のある家-5

e0017701_14201885.jpge0017701_14195615.jpg









基礎部工事の進捗状況です。

鉄筋及び型枠工事が完了しました。

これから配筋・型枠検査を行います。
[PR]
by bakukobo | 2008-07-18 14:23 | つれづれ

石畳のある家-4

e0017701_1771848.jpge0017701_177329.jpg










基礎床堀が完了し、

再生クラッシャーランを厚さ12㎝敷き詰めます。



その後、基礎下から湿気が上がらないように

ポリエチレンフィルムを敷き詰めました。



周りは、基礎の立ち上がりのラインが直に行くように

捨てコンクリートを打設し墨出しをします。
[PR]
by bakukobo | 2008-07-14 17:21 | つれづれ

石畳のある家ー3

e0017701_13501215.jpg




現場での遣り方検査(建物の配置)を行い

設計図書との確認を行い

及び設計GLの位置を決定する。

前面道路高が道路拡張後30㎝低くなる。

そのため建物のGL設定を道路に合わせるが

今回の建物の床高が+30㎝である。

この問題は、敷地全体を漉き取り、

道路が出来るまでの敷地排水計画を行わなければならない。




との問題は、後日検討することにして

建物の漉き取りを開始。
[PR]
by bakukobo | 2008-07-12 14:00 | つれづれ

石畳のある家-2

e0017701_14552455.jpg



今回の現場はスロースタート。

現場監督さんがミスのないように慎重です。



昔から「木組み」や「気を組む」などといわれてきました。

昨今の木造建築に於いてプレカット工法や

簡素で大量生産しやすい工法が主流になってきました。



これで良いのだろうか?

切り込みは大工さんの仕事

プレカットでは加工できない部分があり、

今回の現場は一部大工さんに切り込みをしていただくことに!



監理業務で一番大事な部分

気を引き締めて!

棟上げ時、きれいなフレームは完成時もきれいです。(自論)
[PR]
by bakukobo | 2008-07-04 15:11 | つれづれ