<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アザミの花


e0017701_259831.jpg


メディカルの現場の隅にひっそりと可憐に花を咲かせている

アザミの花を見つけました。

それはとてもすばらし紫のいろでした。

私自身もカラーコーデュネートをしながら、材料などを決めるのですが、

自然の色っていいですね。

やっぱり自然には勝てませんですね。

でも何日のここに来ているのに、気づかないものですね
[PR]
by bakukobo | 2007-05-27 03:06 | 自然

メディカル-5

e0017701_16263138.jpg


ラップルコンクリートの養生期間も過ぎ、

型枠解体後埋め戻しまで完了しました。

先日前から基礎の鉄筋工事を行っています。

今日は基礎の配筋検査(設計図書通りの鉄筋及び定着長さの確保などの確認)

を行いました。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-25 16:31 | 進行中

メディカル-4

e0017701_16573623.jpge0017701_16572237.jpg










先日に、建物奥に配置していた浄化槽も埋設され、

支持地盤と基礎をつなぐラップルコンクリートも打設されました。

養生期間を経た後、型枠解体、埋め戻し(ラップルコンクリート天まで)を行い

本格的に躯体としての基礎工事が始まります。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-23 17:03 | 進行中

蕎麦打ち

e0017701_13414370.jpge0017701_13415421.jpg










ふと、蕎麦が食べたいな~。

今日の昼は久々に家族全員いるとのこと。

今日の昼食は蕎麦に決定。

早速水もなくなっていたので、水汲みからです。

水はいつもの「酒水の井戸」

周りは新緑の時期、目に心に自然の贈り物を頂きました。

早速、蕎麦打ち

私の蕎麦は蕎麦粉と長芋のみ

但し、打ち方はまだまだ練習中です。

完璧ではないですが、家族全員でおいしく食べました。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-20 13:49 |

「石畳のある家」-1

e0017701_15375586.jpge0017701_1538440.jpg










牛小屋として建てられたこの建物はどんな時代じだいだったのだろう。

戦争時代を切り抜け、四季の厳しさに耐えて、今ここに存在する。

いつの間にか、敷地の高さも変わってしまったがここだけ残された。

今では倉庫として利用されているが、今年母屋の建て替えのため取り壊される。

基礎の変わりになっている石は、枕崎産赤水の赤石。

どのようにしてここまで運んで来たのだろう。

やっぱり、建物は工業化製品ではない。

「人間手作り製品でないといけない」と思っていた私は確信した。

また、ここに私の手で「人のにおいのする家」を作ろう。

でも、歴史を背負ったこの建物を壊さないといけない。

自分の中で葛藤や自問自がはじまる・・・。

この石を使って「石畳のある家」は・・・

いろんな形にして残していくのも、建築家としての使命ではないだろうか。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-18 16:02 | 進行中

親父の思い

e0017701_16145588.jpg


リモデル工事を含めた増築工事の設計・監理をすることになりました。

色々と設計条件がありますが、その一つに

「木材があるのでそれを使ってほしい」

とのことでした。

早速、木材を使えるかどうか見に行きましょう。

松元にある倉庫の中にひっそりと眠っていました。

親父さんがいつか娘のためにと、思いいっぱいの木材でした。

他の倉庫にもあるそうです。

それを説明する親父さんの顔は深く幸せそうでした。

家族愛を包見込む、工事にしたいですね。

なんか、私まで幸せになってしまいました。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-14 16:33 | つれづれ

メディカル-3

e0017701_0115518.jpg
e0017701_011221.jpg

e0017701_01261.jpg



床掘完了し、ラップルコンクリートの型枠の製作中です。

支持層の砂利まで深いため、現場打ちコンクリート杭のようなものです。

完了しだいコンクリート打設です。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-10 00:14 | 進行中

春らんまん

e0017701_2241853.jpg



今日樋脇町内に建替え希望のお宅の現場確認に伺いました。

確認及び調査を終わり、ふと周りを振り向けば蓮華畑。

天気の良さと相まって、ほのぼのとした雰囲気。

仕事をしている場合じゃないと見入ってしまいました。

その後、やっぱり現実が・・・

旧川内合同庁舎へ・・・

後ろ髪を引かれる思い出・・・

やっぱり、自分を忘れる時間も必要ですね。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-08 22:41 | 自然

メディカル-2

e0017701_1453209.jpge0017701_1453285.jpg










5月2日現場にて床付状況確認を行いました。

この地は、もと田んぼで設計の時点で地質調査を行っています。

地下2mのところに砂利層があり、そのところまで掘り下げないといけないのです。

床堀深さの確認や底面の転圧状況確認を行いました。

連休後本格的な工事が始まります。
[PR]
by bakukobo | 2007-05-06 15:01 | 進行中