大家族の家-2

e0017701_2311538.jpg





今回はリモデルに伴い、増築工事もあります。

増築部分は鉄骨造にて行いました。

既存RC部分は、新築した当時断熱工事を行う認識はなく、

今回のリモデルにて行いました。

床組においても、既存床にタタミの部分があり下地に高低差があり、

全て撤去し、再度床組を行うことにしました。

リモデル工事は時代の認識の違いを建築技術の進歩のより、補うことが出来ます。

しかしながら、コストUPにつながります。

しかしながら、後で補える工事と補えない工事があります。

見えない部分の工事費はいつも工事金額との戦いです。

これから床組みを行い、フローリング下の捨て張りを行い

間仕切り工事を行います。
[PR]
by bakukobo | 2007-11-12 23:15 | 進行中


<< 西園ミルファーム デッキのある家-6 >>